プログラマーの将来性は抜群! でも、できないプログラマーは厳しい

疑問・お悩み解決

プログラマーに興味はあるけど、将来性ってどうなの?
せっかくプログラマーになったのに、スグに需要がなくなるとかイヤなんだけど

プログラミングはしっかりと目標を持って、毎日コツコツ積み重ねて習得する技術。

誰でも簡単にって話じゃありませんから、せっかく習得した技術があっという間に役立たずなんて事態は避けたいと思うのが人情です。

ただ、心配ご無用。
プログラマーの将来性はかなり高いと言えます。

将来性に不安があるならプログラマーを目指すのはちょっとな…。
と思っているアナタの不安が少しは解消すると思いますよ。

まずはプログラマーの現状から

さて、将来性を語る前に、まずは今のプログラマーがどんな感じかを知っておきましょう。

あくまでも知り合いの話や、一般論なので全てのプログラマーに当てはまるわけじゃありませんが。

プログラマーは現状ではまだまだ需要があります。
ただし、「できる(使える)プログラマー」であることが大前提

できないプログラマーは、今でも就職・転職が厳しい状況。
それでも、猫の手も借りたいって所もあるので、全く働き口がないわけでもないですが。

プログラマーは基本的に肉体労働。
特にゲーム系なんかは、いわゆるブラックも多く離職率が結構高いですからね。

現状で何か社会的に武器として使える技術がない。
そんな人は食いっぱぐれの少ないプログラマーを目指すのは悪くありません。

できるプログラマーであれば引く手あまたです。
こちらが仕事を選ぶ側に立てますし、依頼料も跳ね上がります。

本当にできるプログラマーであれば、年収で1,000万は楽に超えてくるのが現状。

プログラマーの現状は

  • できるプログラマーなら完全な売り手市場
  • できないプログラマーでも、食いっぱぐれは相当に少ない

と言う感じでしょうか。
どっちにしても、プログラマーを目指して損をするってことにはなりません。

できるプログラマーとは

あくまでも私の知り合いを見たり、聞いた話が基ではありますが、『できるプログラマー』の特徴をいくつか挙げておきます。

逆に言えば、これらに全然あてはまらない人は『できないプログラマー』と言えるでしょう。

プログラミングが好き

凄いザックリした表現ですが、やはりプログラミングが好きな人が多い。
好きなことだからこそ

  • 集中力が続く
  • 新しい技術に興味を持ち、常に勉強できる

という、技術力を高めるために絶対に必要なことが苦にならないわけです。

知識の幅が広い

プログラミングに関することは当然としても、いわゆる一般教養に関してもソコソコ広い知識を持っています。

世間の流れや、誰がどんなことに不満を感じているかを知っていることで、それを解消するためのツールを作れるわけです。

他人のことを考えられる

あまりに突出したレベルのプログラマーは違う場合もあるでしょう。
ですが、一般的なレベルの中で凄いプログラマーは他人のことを考えられる人が多いと思います。

これはソースコードの読みやすさや、他人との接し方を見ていれば分かるわけでして。

プログラマーは全て一人で仕事するわけじゃありません。
むしろ、会社員として仕事をするなら、チームの場合が多いでしょう。

そんな中で他人のことまで気を配れることは、非常に大切なスキルになってきます。
なので、これがあるプログラマーはできるプログラマーと言えるわけです。

こういう人はクライアントへの説明が上手い場合もあるので、SE(システムエンジニア)としても十分仕事できると思いますよ。

プログラマーの将来性

プログラマーの将来性を考える時、できるプログラマーは安泰だと考えて問題ありません。
問題になるのはできないプログラマーの方です。

なぜ、できないプログラマーに将来性がないのか?
その理由を具体的に解説していきます。

プログラミングの敷居はどんどん低くなっている

プログラミングは一部の優れた人にのみ許された技術。
開発環境があるかどうかも含めて、2~30年前はそれが事実でした。

ですが、今は違います。
PCとネット環境があれば誰でもプログラミングを始めることが可能です。

しかも、PCも特別高性能で高額な物じゃなくてもOK。
開発言語に関しても、C言語よりもっと分かりやすい言語がいくつも登場しています。

間口が広がりプログラマー人口が増え、敷居が低くなったことで、ある程度のレベルの物が誰でも作れるようになった。

つまり、ピラミッドの下の部分の人口がどんどん増えているわけです。

この動きはこれから更に加速していきます。
ちょっとしたプログラミングならできて当たり前。

そんな時代もそれほど遠くないでしょう。

プログラミンのツールはもっと直感的に操作できるようになり、簡単なパズルを組む感覚で多様なアプリやシステムが作れるようになる可能性は十分にあります。

さらに、AIの進化によって、プログラミングされたシステムが、新たなプログラミングを行う。
要は子供を作るようなイメージですね。

こんな感じで、プログラマーの世界は競争が激化していくと思われます。

競争が激化した場合、需要と供給のバランス的に供給過多になり、できないプログラマーはブラック企業ですら必要なくなるでしょう。

AIがプログラミングを行うようになるのは数十年先かも知れません。
なので、10~20年ぐらいは気にする必要もないでしょうけど。

プログラマーに限らず、できない人は切られて終わり。

非情な世界ですが、資源が有限な世界で生きているのですから、弱肉強食の椅子取りゲームになるのは仕方ありません。

イヤなら社会の仕組み。
引いてはこの銀河系のルール(物理法則とか)から是正する必要がありますね。

まぁ、そんな神を目指すより、できるプログラマー(使える人)を目指す方が圧倒的に現実的です。

プログラマーの将来性は高いが…

プログラマーの将来性は高いです。
なので、今から勉強を始めて遅いってことはありません。

プログラミングはもう遅い?今から始めても十分稼げる可能性アリ

ですが、将来性が高いからと安易にプログラマーを目指すことはおすすめできない。

「将来性が高いなら、興味ないけどやってみるか」
「何の目標もないけど、手に職は欲しいからプログラマーを目指すか」

こんな感じでプログラマーを目指しても、ほぼ挫折します。
できないプログラマーにすらなれないでしょう。

プログラミングは地味で地道な作業を淡々と繰り返すもの。
人によっては頭がおかしくなるかも知れません。

そんなプログラミングを続けて、稼げるレベルになるには明確な目標が必要不可欠。

将来性が高いからではなく、やりたいことを実現するためにプログラミングが必要だから勉強する。

この考え方が非常に重要です。

将来性が高い=続けやすいではない

プログラマーは肉体労働。
体力勝負になる場合もあるので、年齢を重ねると厳しくなる場合があります。

また、プログラミング言語も流行があり、一度いずれかのコンピューター言語を習得すれば一生安泰ともなりにくい。

どの言語でも一度しっかりとマスターしてしまえば応用が効くので、新しい言語の習得も比較的スムーズにはなりますが。

どうあれ、先にも書いたように新しい技術や若い世代がどんどん台頭してくる世界です。
将来性が高いからこそ、長くプログラマーとして業界に携わることになるので尚更。

日進月歩どころの騒ぎじゃない速度で変化していく業界にあって、常に自分を変化させ続けることができるか否か。

これができなければ、プログラマーという職業にいくら将来性があっても関係ありません。

働き方の自由度は高い

プログラマー業界自体の将来性とは違いますが、働き方の自由度が高いのはプログラマーの大きなメリットの1つです。

リモートワークが普通の世界なので、アナタ自身の人生設計における将来性も高いと言えます。

ちなみに、アメリカなんかで働きたい場合もプログラマーは少し楽。
日常会話ができるレベルであれば求人要項を満たす場合も多いですから。

カナダで暮らすプログラマーの知り合いもいますよ。
生まれも育ちも生粋の日本人ですが、問題なく働いて暮らしているようです。

まとめ

少なくともこれから10~20年は、プログラマーの将来性はかなり高いです。

  • 2~30代ぐらいの人がスキルアップのために習得する技術として
  • 子供の習い事として

将来を見据えて、なにか技術を習得しておきたいと考えるなら、プログラミングを選択肢から外すと損しかありませんよ。

ふ~ん。で、なにから始めれば良いの?

というアナタは、【失敗しない】プログラミングの始め方。分かりやすく解説

この記事を参考にしてもらえば大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました