プログラマーとエンジニアの違いをできるだけ分かりやすく解説

疑問・お悩み解決

プログラマーとエンジニアってなにが違うの?
そもそもなにか違いがあるの?

似ている様で結構違うプログラマーとエンジニア。

言葉は知っていても、実際にどう違うの?
と聞かれると、案外その違いを説明できる人は少ないかも。

今回はそんなプログラマーとエンジニアの違いを、可能な限り分かりやすく説明しようと試みる記事になっております。

それぞれで必要と思われるスキルや資格なんかも併せて解説していきますよ。

プログラマーとエンジニアの違いとは?

プログラマーとエンジニアの違いを解説するわけですが。

場合によっては仕事内容が違うこともありますし、そもそもプログラマーとエンジニアの仕事内容に明確な線引きをしていないこともあります。

特にベンチャー企業や人の少ない会社。
私のように個人で仕事をしているフリーランスなんかは線引きも何もありませんから。

あくまでも、プログラマーとエンジニアで明確に線引きがされている会社の場合です。

その点は頭に置いて読んでもらえるとこれ幸い。

エンジニアとは?

エンジニアの主な仕事内容としては

  • 依頼主との交渉
  • プログラマーとの仕事内容のすり合わせ
  • 設計図を作って完成までの工程管理

ってな感じです。

まずは依頼主から全体像を聞き、それに合わせて必要な工程を考えてスケジュールと設計図を作る。

次にプログラマーにそのスケジュールと設計図をぶん投げて、実際に作ってもらいます。

ここでプログラマーとエンジニアで喧々諤々することや、バトルが起こることもありますが、それが可能な会社やプロジェクトはまだマシです。

基本的には、依頼主とプログラマーの間に立って橋渡しをする人。
それと設計図を作って、完成までの管理をする人。

それがエンジニアと呼ばれる人の主な仕事になります。

エンジニアに必要なスキル

仕事内容を見てもらうと分かるように、エンジニアはコミュニケーション能力が必要です。

依頼主がみんなITに強いとは限りません。
むしろ、その分野に弱いから他に仕事を出すわけで。

なので、無理難題を平気な顔して投げつけてきます。
何が無理なのか説明しても理解してもらえるとは限りませんよ。

いわゆる「モンスタークライアント」ですね。

こうしたモンクラを上手くなだめすかしつつ、仕事を受注する。
そして、プログラマーに期日までに完成させる。

プログラマーも偏屈な人が少なくないですよ。

下手すりゃモンスターに挟まれる。
そんな状況でも仕事を完遂させなければならない。

エンジニアがいかに対人スキルが必要か分かると思います。

他には、全体像を掴む能力。
スケジュール管理をしないといけないからですね。

自分のプロジェクトのリソース(人員数・人員のレベル・時間・掛けられる経費など)も把握してないとダメ。

で、これら全てをこなすために「そこそこ高いプログラミング知識」が必須になります。

要は、「その気になれば、その仕事を1人で全部こなせるレベル」ぐらいは必要。
それを複数人で分担して、効率的に仕事をこなすわけですから。

プログラミング能力が低いと、プログラマーとのバトルに負けることも。
そうなると仕事はなかなか思うように上手く行かなくなります。

どちらかと言うと、エンジニアは「精神を削る仕事」になるでしょう。

プログラマーとは?

で、プログラマーの主な仕事内容としては

とにかくコードを書く(プログラミングする)

これです。

エンジニアからぶん投げられた設計図とスケジュールに合わせて、実際に納期までに納品物を作る人。
それがプログラマーです。

基本的に、プログラマーが依頼主と直接やり取りすることはありません。
やり取り(バトル)する相手はエンジニア。

ですが、基本的にエンジニアの方が強いです。

プログラマーに必要なスキル

とにかくプログラミング能力。
これが高いに越したことはありません。

が、プログラミング能力が抜群に高くても、人の言うことを全然聞かない。
そんな場合は会社で働くのは難しいかも知れません。

まぁ、こうした人は自分で勝手にアプリやソフトを作って暮らした方が良いでしょう。

逆に言うと、飛び抜けたプログラミング能力がないなら、会社員でもフリーランスでも、誰かから仕事を貰う形になります。

なので、ある程度は人の言うことを聞く能力も必要です。

エンジニアの言いなりになれとは言いません。
何度も書きますが、プログラマーとエンジニアはバトルしてなんぼ。

なんにしろ、プログラマーとして生きるなら、とにかくスキル。
結果が全てと言っても過言ではないでしょう。

エンジニア側に色々と提案(文句)を付けれるぐらいになるのが理想。

プログラマーとエンジニア。どっちが良い?

一概にプログラマーとエンジニアに優劣を付けることはできません。
どっちもレベルが高くなれば、ちゃんと稼げる仕事だからです。

単純に向き不向きや、仕事内容から選べば良いと思います。

一応、平均年収ではエンジニアの方が100万円程度は高額。
仕事内容的に、プログラマーの上位互換に近いからです。

ただ、プログラマーでも突き抜ける人は下手なエンジニアなんて屁でもない稼ぎを上げます。
エンジニアもスキルがなければ全然稼げません。

結局は、プログラマーとエンジニアのどちらか?
ではなく、高いスキルを身につけた方の勝ちって話です。

エンジニアになるにはプログラミング知識は必要不可欠。
なので、とりあえずはプログラマーから始めるのが常道になります。

その中でプログラマーの方が楽しいと思えば、そのままプログラマーの道を進めばOK。

別にプログラミングは嫌いじゃないけど、コミュニケーション取るのも好き。
なんて場合は、エンジニア側にシフトするのもアリです。

将来性はどうよ?

私が専門学校に通っていた頃。
今から16年ぐらい前ですね(もうそんなに前なんか!?)

結構クセ者というか、歯に衣着せぬ感じの講師の方がおられまして。
その方が当時から

「コード打つだけのプログラマーなんか、10年もしたら必要なくなる」
「だから、SE(システムエンジニア)になれるだけのスキルは持っとけ」

と言われていたのを、今でもよく覚えていますし、これからその動きは加速するでしょう。

その理由として、

  • プログラミング環境の利便性が加速度的に良くなっている
  • AIの進化がトンデモナイ速度で進んでいる

ことが挙げられます。
詳しく話し始めると記事がアホほど長くなりそうなので、ここでは割愛。

この理由が全く理解できないプログラマーの人。
結構ヤバイかも知れませんよ。

プログラマーという職業はなくなり、エンジニアだけが残る可能性も0ではないでしょう。
あくまでも言葉遊び的で、当然そのエンジニアはプログラミングもするわけですが。

繰り返しですが、あくまでも

「ただコードを打ち込むだけの指示待ちプログラマーに明日はない」

って話。

なので、単純な将来性で括るなら、圧倒的にエンジニアの方が良いと言えますね。
クドイですが、突き抜けたプログラマーは別ですよ。

まとめ

プログラマーとエンジニアの違いを分かってもらえたかと思います。
他の職業で例えれば、建築士と大工みたいな感じですかね。

どちらが良い悪いを単純に括ることは難しいですが、プログラマーをしながらエンジニアになれるだけのスキルを身につける。

プログラマーだろうがエンジニアだろうが、とりあえずプログラミングの知識が必須なことに変わりはありません。

その上で、アナタの適正に合わせて選んでいく。
この考え方がベターだと思います。

プログラマーで、スキルレベルがそれほど高くないのに安心しきっている人は、十数年先には寝首を搔かれる事態になっても不思議じゃないですよ。

タイトルとURLをコピーしました